×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歴代Top Page 〜2013年〜



  2月

2013年2月10日 EOS-1Ds MarkV+EF70-200mmF2.8L IS II USM 東急東横線 渋谷駅

 今年のダイヤ改正で無くなる東横線の現在の渋谷ホーム。はっきり言ってあまり興味がなかったが東横線に乗る用事があった為、カメラを持ってちょっとウロウロしてみた。撮っていると意外とこの駅は面白かった。ひっきりなしに来る列車。多くの人の往来があり様々な表情を見せてくれた。パシャパシャ撮っているとホームに同じくダイヤ改正で東横線から引退する9000系が滑り込んできた。撮影の〆にこいつを撮るか!ホームの車止めの横に立ち、車掌が窓から顔を出し列車が動き出す瞬間にシャッターを切った。


  1月

2010年12月31日 EOS-1Ds MarkV+EF24-105oF4L IS USM 大鰐温泉〜宿川原

 忘れもしない2010年の大晦日。この日は2010年の撮り納めとして弘南鉄道へ向かった。狙いはもちろん弘南ラッセルである。この年の年末は大寒波に見舞われ大雪が東北地方で降っていた。この日も雪予報で大雪、朝のラッセルは間に合わないが午後の臨時便なら撮れるんじゃないか?走るかどうかわからんがとりあえず行ってみるか!そんなノリで秋田の祖母の家から列車を乗り継いで大鰐温泉を目指した。が大雪・猛吹雪で列車が運休に次ぐ運休。やっとのことで大鰐温泉に着いたのは秋田を出てから5時間後であった。でもこれくらいの雪なら絶対走るに決まってる。とりあえず大鰐温泉周辺をロケハン、良い感じなところを見つけ三脚を立てて待つが地獄はそこからだった。たまにやってくる弘南鉄道の列車のパンタグラフが雪の重さで下がるくらいの大雪である。しかもいつ来るかもわからないからひたすら大雪の中で待機である。寒さが体力を奪う。無事に年を越せるのか?しかも聞いた時間になってもラッセルは来ない。ラッセルは本当に来るのか?と思い撤収する感じで大鰐温泉に戻ると機関車がパンタを上げているではないか!よし走る!!と確信し撮影地に戻り再セッティング。しばらくすると黒いラッセルが豪快に雪を掻き分けながら目の前に現れた瞬間、傘を閉じて無心でシャッターを切る。その時は寒さも忘れる思いだった。背面モニターに映し出された写真を見てガッツポーズ。人生で一番辛い過酷な撮影であったが思い出に残る1枚となった。
 ちなみにその後は停電で奥羽本線が運休、バス代行で秋田に戻り帰ったのはNHKでゆく年くる年の鐘が始まった時であった(笑)



        〜トップページへ戻る〜               2012年Top Page Galleryへ